薩摩焼だってクレジットカードで

最新情報

年会費がお得なゴールドカード

ゴールドカードは一般的に年会費が1万円を超えるのが当たり前。

中にはMUFGカードやセディナカードといったように、年会費が2000円に抑えられたゴールドカードもありますが、機能面でみるとゴールドカードとは言えず、クラシックカードに近いと考えたほうがいいです。

ここでいうゴールドカードとは、旅行傷害保険等の保障が充実し、ゴールド会員専用のゴールドデスクを備え、きめ細かなサポートを提供しているゴールドカードのことを指します。そうなると、JCBだろうとMUFGだろうと三井住友VISAカードだろうと年会費で1万円を超えるのが当たり前です。

しかし、調べてみると年会費がお手ごろなカードがあることに気づきます。

初年度年会費無料のゴールドカード

初年度年会費が無料のキャンペーンを行っているゴールドカードがあります。それは、JCBゴールドとシティカードゴールド。これらは機能面が優れており、フルスペックゴールドとして大きな補償とサービスが付帯されています。最高1億円の旅行傷害保険も魅力的。

条件クリアで年会費がお得なゴールドカード

一定条件で年会費がお得になるのは三井住友VISAカードゴールド

 通常は10500円の年会費が4200円に抑えることが可能です。このクレジットカードも機能面では充実しているので、申し分のないゴールドです。

そのほか、NTTグループカードゴールドも非常にお得。こちらは年会費5,250円とリーズナブルなのにも関わらず、最高5,000万円の旅行傷害保険を付帯しているほか、空港ラウンジサービスも用意。しかも年間50万円以上の利用だと5000円のギフト券がもらえるので、条件をクリアできるなら実質的には年会費無料のゴールドカードということができます。

 

タグ

2010年4月20日|

カテゴリー:ゴールドカード

iPhone対応のFX業者はどこがいい?

スマートフォンが脚光を浴びていますが、火付け役となったiPhoneは今でも人気です。同様にFXが個人投資家の間で人気ですが、iPhoneに対応したFX業者は実は少ないのが実情です。せっかくの大画面、タッチパネルなのに、これを存分に生かしたFX取引ツールを各社で用意して欲しいものですね。

今現在iPhone用のアプリを提供しているのは、フォレックストレードとサイバーエージェントFX。

その他、ブラウザを通してFX取引できる会社として、EMCOM証券とMJが挙がってきます。これらのiPhone FXのなかで、操作性が高いのがサイバーエージェントFX。フォレックストレードは機能性が非常に高いがゆえに、少々操作が煩雑なのがネックです。ただ、スプレッドの狭さではフォレックストレードやEMCOM証券、MJが上で、各社で一長一短があるように思えます。

もし、あなたがiPhoneをお持ちなら、ぜひFX取引で利益を上げ、薩摩焼を購入されてみてはいかがでしょうか?きっと、満足して頂けるものと思います。

タグ

薩摩焼と種類

薩摩焼は、鹿児島県内で焼かれる陶磁器で、文禄・慶長の役の頃、当時の藩主島津氏が朝鮮から連れ帰った李朝の陶工たちによってはじめられました。竪野系、龍門司系、苗代川系があります。
薩摩焼はとてもきれいでお部屋を彩るのにも最適な工芸品。個人的には白薩摩が好きで、どうしても欲しい商品を見つけたらクレジットカードを利用して衝動買いしています。この良き伝統的工芸品をこれからも残していって頂きたいですね。

ちなみにwikiによると薩摩焼の種類は以下の通り

白薩摩(白もん)

日置市(旧東市来町)美山地区にある苗代川窯で焼かれていた陶器。藩主向けの御用窯で、金、赤、緑、紫、黄など華美な絵付を行った豪華絢爛な色絵錦手が主である。元々は苗代川焼と呼ばれ、薩摩焼とは名称を異にしていた。

黒薩摩(黒もん)

白薩摩に対して、大衆用の日用雑器として焼かれていた陶器で、鉄分含有量が多い土を用いるため、黒くなる。繊細かつ優美な白薩摩に対し、野趣溢れ重厚な面持ちがある。特に、黒ヂョカ(茶家)と呼ばれる素朴な土瓶は、焼酎を飲むときに好んで用いられる。

タグ

クレジットカードと年会費

 クレジットカードというと年会費1250円、税込みで1312円に設定しているのが多いですが、最近では年会費無料のクレジットカードも多く出回っています。年会費無料なのに、クレジットカード会社としてはメリットがあるのか?と思ってしまいますが、発行会社の収益は会員からの年会費だけではありません。

 各お店でクレジットカードが使えるようにするには、お店にクレジットカードを読み取る機器の設置が必要ですが、お店はクレジットカード会社に毎月手数料を支払う必要があります。わざわざお金を支払ってまで、お店でカードを利用できるようにするメリットがあるのか?と思う方もいるかもしれませんが、カードを利用できるとお客さんも増えるわけで、手数料を支払ったとしてもお店にはメリットがあるのです。

 また、補償内容は年会費1312円くらいなら、年会費無料のクレジットカードと変わらない場合がほとんど。場合によっては年会費無料のほうが、厚い補償内容を付帯していたりすることもあります。このように考えると、クレジットカードは年会費無料のものでも十分満足できるものであるのかも知れません。

タグ

三井住友カード クラシックカードA

三井住友カードといえば、国内でも最大規模の発行枚数を誇るカード会社。三井住友カードといえば、提携ブランドはVISAと想像する方が多いかもしれませんが、MasterCardも取扱っています。
幅広いラインナップを誇るカード会社ですが、初めてクレジットカードを持つなら、

クラシックカードAがおすすめ。
年会費1575円で最高2000万円の国内旅行傷害保険、海外旅行傷害保険が付帯しています。カードで購入された商品の破損・盗難による損害を、購入日および購入日の翌日から90日間補償するショッピング補償も最高100万円を付帯。
しかも、このクレジットカード、写真入ICカードを選ぶことができ、防犯の観点からも安心です。ただし、写真入りICカードはVISAだけで、MasterCardの場合は申込むことができませんので、注意が必要です。

 電子マネーはiD、WAON、PiTaPaを選ぶことが出来ます。
 そのほか、クラシックカードAの大きなメリットともいえるのが、年会費の割引特典。カード利用代金WEB明細書サービス利用で、翌年度525円引き、マイ・ペイすリボへの登録と年一回以上のカード利用では年会費無料になります。
 そのほかにも、三井住友カードならではの会員特典がいっぱい!カード会員が多いのには理由があるんですね!

タグ